Call for Editors: New Publication, The Rising Dragon, a Journal of Pacific Rim Culture and Media Studies

Call for Editors: Rising Dragon 2015



Call For Paper Type

Regular



Description

Call for Editors

We are pleased to present a call for editors for a proposed new publication, The Rising Dragon, a journal of Pacific Rim culture and media studies. We will cover topics ranging from copyright to ritual, fandom to technology, and many more besides. We take a broad view of what our mandate includes and encourage instructors and professionals from diverse fields to apply for a position as an associate editor of our new journal. The projected date for the first publication is Spring 2016.

Requirements:

Fluency in Japanese and/or English. Spanish, Chinese, Korean, or any other Pacific Rim language fluency is desirable but not required.
Status as a current instructor at an institution of higher education (graduate student teaching fellows will be considered) or as an industry professional.
Familiarity with Chicago, APA, and MLA styles.

How to apply: Send a brief cover letter detailing why you would be a good fit for our journal and a CV/resume to RisingDragonJournal@gmail.com for consideration. New entrants to the field are welcome to apply. Please send all inquiries to the same email address. You can also follow us on Twitter @RisingDragonJrn.

Editor-in-Chief: Dr. Darren Ashmore, Professor of Anthropology and Head of Japanese Studies, Yamanashi Gakuin University, Kofu, Japan

Assistant Editor: J. Holder Bennett, Associate Professor of History, Collin College, McKinney, Texas, USA

編集者募集

今般、新規出版企画「The Rising Dragon」(環太平洋地域の文化・メディア論を扱うジャーナル)の立ち上げに際し、編集者を募集します。

ジャーナルは、著作権から儀式まで、ファンダムからテクノロジーまで、その他様々な基本的な事項を広くカバーします。 私達は、広い視点から様々な分野のインストラクターや専門家が、私達の新しいジャーナルの副編集長という役職に応募いただけることを期待しています。

最初のジャーナルは、2016年の春の刊行を目標としています。

応募要件:

・ 日本語および/または英語に堪能であること。スペイン語、中国語、韓国語、そしてほかの環太平洋地域国語にも堪能であれば尚望ましいが、必須ではない。

・ 現在、学校等高等教育の現場で指導(大学院生のティーチングフェローは考慮される。)を行っている、または出版業界で仕事をされていること。

・ Chicago, APA, そして MLA スタイルに精通していること。

応募方法:カバーレターとして、この仕事にご自身がなぜふさわしいと考えるかをまとめ、CV/レジュメとともに、RisingDragonJournal@gmail.comに送付ください。 未経験者も歓迎します。 御質問についても上記のメールアドレスで受け付けます。 また、ツイッターでのフォローも歓迎します。@RisingDragonJrn.



編集長:Dr. Darren Ashmore 人類学者、山梨学院大学(甲府、日本) 日本研究プログラム・ディレクター/教授

編集助手:J. Holder Bennett Collin College(McKinney, Texas, USA) 助教授(歴史)